もっと活躍する女性を増やしたい!

SEに転職する女性エンジニアに適した選択肢

IT業界は性別による違いがなく能力次第でチャンスを掴むことができることから、女性エンジニアも多く活躍しています。
こうした女性エンジニアの中には、スキルアップや環境の変化を求めてSEに転職する人も少なくありません。
SEへの転職には、女性ならではの選択肢がいくつかあります。

その1つが、大手の会社に進む方法です。
大手と呼ばれる企業にはキャリアパスや育休、福利厚生などが豊富に用意されており、女性が働きやすい環境であることが理由に挙げられます。
そのため、結婚や出産による仕事への影響が少ないのが魅力です。
だからと言って、中小規模の企業がダメというわけではありません。
中小規模にも社員が少ない故に仕事を任されやすいといったメリットがあるので、自分なりの働き方に合わせて柔軟に選ぶことが大事です。

そのほかの最適と言われる方法が、社内SEへの転職です。
業界について詳しく知らない人の中には、通常の社外SEと混同して考えている人もいます。
社外SEが外部の企業を相手に仕事を行うのに対し、社内SEは文字通り会社内の業務を円滑に進めるためのシステムを開発します。

社内SEの大きなメリットが、幅広い働き方です。
企業によって若干の違いはありますが、多くの所で基本となる定型作業やマネジメントのように数種類の働き方が用意されています。
そのため、自分の得意分野を活かす形で仕事をすることができます。

また、社外SEに比べて残業が少ないのでプライベートの時間を確保しやすく、育児と仕事の両立がしやすいのも魅力です。