もっと活躍する女性を増やしたい!

実務経験やリーダー力が大事な女性SEの転職

女性エンジニアがSEに転職する際、要件定義から設計までの実務経験があると良いアピールポイントになります。
上流工程で活躍できるとプロジェクトを導くプロジェクトリーダーやそれをサポートするチームリーダーに抜擢されやすいためです。
逆にプログラミングから保守までの経験しか無いとなると、その工程でどれ程実力があるのかをアピールする必要があります。
例えば、プログラミング工程しか従事したことがないものの、プログラミングについてはどういった言語でも柔軟に対応することができ、メンバーのコードレビューも行える言うと、良いアピールになります。
このようにSEに転職する際は、上流工程での実務経験があると良い結果を導くことができます。

また、女性エンジニアはリーダーシップの面で期待されます。
これは、女性は気遣いができるため、良いリーダーシップを発揮してプロジェクトを成功に導くケースが多いためです。
そのため、SEに転職する際は、チームリーダーやプロジェクトリーダーの経験があるか問われる可能性が高いです。
聞かれた際、チームリーダーやプロジェクトリーダーとして、プロジェクト、メンバー、予算をどのように管理していたかアピールする必要があります。
また、リーダー経験が無い場合は、リーダー経験はないがプロジェクトを円滑に進めるためにリーダーをサポートをした、気遣いを見せたといったことを話すと、アピールポイントになります。

女性エンジニアがSEに転職する際は、実務経験やリーダーシップが問われるので、女性ならではの視点で回答すると良いだろう。