もっと活躍する女性を増やしたい!

出産後も女性SEが仕事を継続する方法

女性の中には、結婚や出産を行った後もSEとして働きたいという人もいるでしょう。
しかし、女性SEとして働くには大きな問題があります。

それは、家事や子育てとの両立です。
特に子育てを行っている人は、朝晩子どもの送迎をしなければなりません。
子どもが急に熱を出してしまえば、仕事を休んで病院へ連れていくことも必要になります。
SEは残業を求められるケースも珍しくないため、女性とっては仕事と子育てを両立しにくい状況になっています。

このような話だけを聞いていれば、女性SEに将来性はないのかと考えてしまう人もいるかもしれません。
しかし、女性SEが仕事と子育てを両立できないわけでは決してありません。
例えば女性社員の多いIT企業を見つければ、女性の働きやすい環境が整っている可能性は高いです。
企業によっては会社内に託児所を設置しているケースもあります。

もう1つ、仕事と子育てを両立させられる方法が存在します。
それは、フリーランスとして働くことです。
それも、自宅で働くフリーランスエンジニアになることをおすすめします。
自宅で働くようになればいつでも子どもの様子を確認することができるため、何かしらのアクシデントにも対応しやすいというメリットが得られます。
常に自宅で活動するため、家事が疎かにならないというのも魅力的なポイントです。
子育てだけではなく、親の介護が欠かせないという人にとっても、フリーランスエンジニアは効果的な働き方と言えます。