もっと活躍する女性を増やしたい!

理解が進みつつある女性のキャリア形成

IT業界は男性社会と言われていましたが、現在では多くの女性エンジニアが活躍しています。
ただし中長期的なキャリアを築きたいと願った際に、様々な課題に直面するのも事実です。
その背景には結婚や出産といった現実問題があり、職場復帰やSEへの転職において大きな壁となっています。
また、育休後の復帰に際しては、ブランクによるスキルの遅れが予想されます。
IT業界で女性管理職が少ないのは、そうした背景が大きく関わっています。

かつて、女性エンジニアのキャリア形成には様々な壁がありました。
しかし、徐々にライフイベントを女性が職場復帰する流れとなっています。
企業側も時短勤務やフレックス制などを導入し、女性エンジニアを後押ししています。
今後はクライアント側にも、女性エンジニアの働き方についての理解が求められています。

エンジニアは常に新しいスキルを積み重ねることができる、やりがいの大きい職業です。
そのため、ITコンサルタントを目指すなど、キャリア志向が強い女性エンジニアも少なくありません。

女性にとって、エンジニアは一生の仕事として相応しいものです。
しかし、IT企業の中には女性エンジニアの育成に力を入れていないケースも少なくありません。
それでも成長機会のある職場を探せば、女性エンジニアをサポートしている企業で働くことができます。
そのためには、SE転職に詳しいアドバイザーなどに相談するという選択肢もあります。